海外FXの高いレバレッジは危険ではない理由を説明します…

海外FXのハイレバレッジは資金効率、投資効率を高めるけれどロスカットのリスクや資金リスクが高いとも言われています。

本当に資金リスクが高いのでしょうか?

資金リスクが高いと思われている方は、以下を読んでいただきたいです。

海外FXのハイレバレッジはハイリスクではない理由

まず、レバレッジは「てこの原理」の「てこ」のことであり、日本語では「証拠金倍率」といい、文字通り「証拠金を決める係数」のことです。

レバレッジによって各トレードの必要証拠金が決まってくることは、もうすでにお分かりの人は多いと思います。

このことに加えて理解しておくべき重要なことがあります。

それは、レバレッジによって証拠金は変わりますが、レバレッジは高くても低くても損益には影響しないということです、以下の例を見てください。

ドル円100円の時に1ロット(10万通貨)を国内FXのレバレッジ最大25倍と海外FXの標準的な400倍で計算した場合の必要証拠金と損益を確認してみましょう。

国内FXのレバレッジ25倍のケース

取引金額=100円x10万通貨=1,000万円

レバレッジ25倍時の必要証拠金=1,000万円÷25=40万円

決済時レート101円(1円上昇)

損益=10万通貨x1円=10万円の利益

海外FXのレバレッジ400倍のケース

取引金額=100円x10万通貨=1,000万円

レバレッジ400倍時の必要証拠金=1,000万円÷400=25,000円

決済時レート101円(1円上昇)

損益=10万通貨x1円=10万円の利益

ハイレバレッジでは、資金リスクをどう捉えるかが重要

私のFXにおける資金リスクとは、まずトレードに投じる資金量を基準としています。言い換えますと、資金の「絶対額」=リスクであるという考え方です。

今、手元に100万円の余裕資金があるとし、上記のケースでは、同じ1,000万円のトレードのために、しかも同じ損益となるトレードのために

  • 国内FXでは40万円の証拠金
  • 海外FXでは25,000円の証拠金

両者の資金差は実に37.5万円もあります。

国内FXではトレードによっていきなり手元の資金が60万円に減りますが、海外FXではトードを行っても手元に97.5万円が残っているわけです。

まず、手元に残っている資金は完全にリスクがない資金であるため、トレードに投じる資金が少ないほど資金リスクが少ないと言えます。

ハイレバレッジ=ロスカットしやすくなることは、実は大したリスクではない

ここでまた計算が入ります。

上記の2ケースでのロスカットまでの逆行ピップス(pips)を比較してみましょう、国内FXでの証拠金維持率(ロスカット率)は50%以上が多く、海外FXでは20%が標準です。

国内FXでの逆行ピップス

国内FXのロスカット水準は50%なのでロスカット水準まで耐えられる金額
=20万円(証拠金40万円X50%)
逆行ピップスは2,000pips(20万円x0.01円)

海外FXでの逆行ピップス

海外FXのロスカット水準は20%なのでロスカット水準まで耐えられる金額
=2万円(証拠金2.5万円X80%)
逆行ピップスは200pips(2万円x0.01円)

上記のケースでは海外FXよりも国内FXの方がロスカット水準まで10倍余裕がある形ですが、個々のトレードで捉えた場合、海外FXのハイレバレッジでも200pipsも耐えられるのであれば決して余裕がないとは言えないのです。

例えば為替相場の50%以上はレンジ相場(ボックス相場)であり、50pips前後の範囲内でレートが変動するので、単純に考えれば逆行ピップスが200pipsもあれば決してリスクが高いとは言えないのです。

ここまでは個々のトレードを基準にした考え方ですが、FXでは常勝はありえない世界なので、損失が先行している場合は、有効証拠金が目減りして口座全体のレバレッジが、つまり、実効レバレッジが高くなてしまい、ロスカットに近くなっていくリスクがあるので、

実効レバレッジの管理が不可欠であり、正直、実効レバレッジの管理を怠ることがなければ、ハイレバレッジであってもロスカットリスクは全く怖くないのです。

海外FXのハイレバレッジという優れた投資効率を上手に活用するには、基本的なリスク管理、

  • 余裕資金を決める
  • レートの想定変動場を設定しておく
  • 上記をもとにトレードの上限回数を決める

といったルールに加えて、実効レバレッジの管理を必ず励行すれば、少ない資金で大きな利益を狙えるので、海外FXのハイレバレッジをハイリスクと思わず、自己管理を前提に効率的に利益を増やしていけるので国内FXよりも優れていると考えるべきでしょう。

実効レバレッジに関しては「海外FX ロスカットは怖くない!ハイレバに必要な実効レバレッジ管理!」を是非読んでみてください、良く理解頂けるはずです!

以下の記事も大変ためになりましたのでご紹介しておきます!
FXのコツ レンジ相場について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です